×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ドゥカティのバイクディーラーが大盛況!

ドゥカティのバイクディーラーに問い合わせが増えているそうです。ドゥカティのバイクディーラーに問い合わせが増えたのは、ドゥカティが日本メーカーで独占されてきたMotoGP2007年度のワールドチャンピオンタイトルを獲得したからなのでしょう。それもライダーズタイトル、コンストラクターズとチームタイトルまで獲得するというMotoGPにとって久しぶりの快挙を達成したからに他ならないはずです。ドゥカティのバイクディーラーは、ドゥカティバイク専門店など全国にたくさんあります。一度お近くのドゥカティバイクのディーラーを覗いてみて、売れ筋ナンバーワンの呼び声高いモンスター400などに触れてみてはいかがでしょうか。ドウカティのバイクのスピリッツが分かると思いますよ。

ドゥカティのバイクディーラーにモンスターを見に行った

ドウカティのバイクディーラーにモンスターを見に行ったことがあります。排気量400cc、大型免許を必要とせずに乗れる唯一のドウカティとして、幅広い支持と高い人気を保つモンスター400が目当てだったのですが、さすがドウカティのバイクディーラーに勤める人はドゥカティをこよなく愛しているのですよね。ワタシに説明してくれたドウカティのバイクディーラーの方はMONSTER S2R 800のオーナーで、これまでのモンスターシリーズの中でもMONSTER S2R 800は、シャシ・エンジン・ハンドリングなど総合的なバランスにおいて傑出したモデルで、ドゥカティのバイクディーラーに勤める以前に、スーパーバイクのオーナーだったけど、ドゥカティのバイクディーラーに勤めるようになってから、MONSTER S2R 800の真髄に触れることができたと熱く熱く語り、そして乗るならMONSTER S2R 800と強く勧めてくれました。でもワタシ大型持ってないのですが・・・とも言えずに「考えてみます」と言い残してドウカティのバイクディーラーを後にいたしました。

ドゥカティのバイクディーラーの店員さんの自信

ドゥカティのバイクディーラーに行ったとき、店員さんに教えていただいたことなのですが、ドゥカティは最初バイクのメーカーだったのではなく、もともとラジオや無線の部品製造会社で、カメラの製作でも有名な会社だったのだそうです。オートバイの製造を始めたのは第二次大戦後で、バイク製造の当初から乗る者の感性に訴えるようなバイクを製造していたそうです。現在はアメリカテキサスのパシフックグル−プの傘下にはいっているそうですが、引き続きレースに参戦し、輝かしい戦績を上げてきたとのこと。このときドゥカティバイクディーラーの店員であるという自信に満ちた目をしていましたね(笑) またさらにドゥカティの特徴は、Lエンジンと言われる0度V型2気筒エンジンで、強制バルブ開閉システムのデスモドロミックを搭載したものでうんぬんと
続いたのですが、ドゥカティのバイクは好きでも、そこまでの知識はないので、結局ワケも分からないまま愛想笑いを浮かべつつ、ドゥカティのバイクディーラーを去ることにしたのでした。

Copyright © 2007 ドゥカティ バイクディーラー情報